ブログBLOG

ゴルフ体験!ハワイプリンスゴルフ【目指せ100切り】③

ハワイアンツアーズ編集部

アロハ~♪
どーもー!ハワイアンツアーズのゴルフ担当、シャンク北村です!

ハワイといえばゴルフ!
ハワイでするゴルフは上手くても下手でも最高です!

と言う事で今回は、前回のブログの続きです。
ハワイアンツアーズのハワイ人気ゴルフ場ランキング堂々1位の
「ハワイプリンスゴルフクラブ」
スコア100切り&ベストスコアにチャレンジする様子をまとめています!
今回もホールごとの特徴を書いているで是非、参考にしてください。

前回はC1〜C6の6ホールを回って、13オーバーという結果でした。
さて、この後はどうなるか?

ショートとスライスはダメなショートホールC7

このホールは
右側には池、グリーン手前と左右にはバンカーのあるパー3のショートホールです。
ミスショットをするとかなりスコアに響いてきそうなホールです。

ここのホールは実は景観がいいんです。
グリーン右奥にハワイらしい木があり、右には池にかかる橋があります。
この橋はハワイプリンスゴルフコースで2つしかない橋のうちの一つです。
この景観を楽しむ余裕ができたら、ハワイプリンスゴルフクラブマスターへの道は近いですよね。
なんて。

また、グリーンの左の小屋はCコース唯一のトイレがあります。

さて、プレイに戻りますと、
ティーショットをショートしてバンカーへ入れたくなかったので、
一つ大きめの番手のクラブを使って打ちました。
クリーンにフェイスに当たったので、予定より飛びすぎ、少オーバーしてグリーン向こうのカラーまで行きました。
とりあえずバンカートラブルにはならずに良かったです。

カラーから3パットしてボギーで上がりました。

まっすぐ打とう!ミドルホールC8

さあ、橋を渡ってたどり着いた、このホールは右側に池、左側にフェアウェイバンカーのあるパー4のミドルホールです。

奥に見えてる山々は、オアフ島二大山脈の一つコオラウ山脈です。
ハワイならではの大きい山脈が横いっぱいに広がっていますね。
あの山の向こう側はカイルアタウンがあって、そこのブーツアンドキモズのパンケーキが美味なんです。さっきの食べたレナーズのマラサダのせいで頭が食欲に、、、雑念は振り払って、プレイに集中集中です!

このホールもほぼ真っ直ぐで打ちやすいホールです。
真っ直ぐいけば、、、ですが。

さあ、肝心の僕のティーショットは少し右へフェードして池の近くのラフへ行きました。
2打目は、C6に引き続きまた、苦手な、右手に池がある場所からショットです。

ここも池の方向に行かない様に、グリーンの左側を目掛けて打つと、あたりが悪く、狙いよりさらに左に行ってしまいました。

3打目でバチっと、真っ直ぐグリーン狙ったんですが飛距離が合わず、手前に落ちました。

4打目は目の前がバンカーだったので、サンドウェッジでナイスオン!
と思ったのですが、ダフってしまい、
何とやってはいけないバンカーです。

しかも、少しあごが高いバンカーです。
ハワイのゴルフ場もゴルフ場によってバンカーのコンディションが違いますが、
ハワイプリンスゴルフ場のバンカーは土が比較的柔らかいので、しっかり振り切らないと脱出できないパターンです。
しっかり降らないといけないけど、ホームランも怖いな〜、と迷いながら打った結果、
しっかり打てず、バンカーを脱出するのに2回打ってしまいました。
そのあと、2パットでこのホールアウト、トリプリボギーとなってしまいました。
バンカーがイタイホールとなりました。

グリーン前の池に注意!ミドルホールC9

前半最終ホールはパー5のロングホール。
こちらも真っ直ぐですが、グリーンに近づくと池が左右に出てくる油断できないホールです。

ハワイプリンスゴルフクラブはA B Cいずれのコースも最終ホールのグリーン周りには池があります。
ここで油断せずに、しっかりプレイしないとスコア崩れの元となるので注意が必要です。

1打目、2打目、3打目と安全な左側から攻めて行きました。

前回も言いましたが、ハワイプリンスゴルフのポイントはバンカーです。
それとハワイ特有の風ですね。ハワイの風は気まぐれなので、これも難易度を上げる原因ですね。

4打目の段階でまた、グリーン左のバンカー越えのショットを残しました。
一度チョロをやってしまったので、もう一度同じ位置から5打目。

2パットでダブルボギー上がりとなりました。

ここまで前半で19オーバー。100切りの黄色信号は未だ点灯中です。

この続きは次のブログへ続く。

送迎付きハワイプリンスゴルフプランの詳細・予約はこちらから

お電話でももちろん大丈夫です!

    • ◆電話問合せ先
      ハワイアンツアーズ予約センター
      (808)308-2700

※日本人スタッフが対応します!

このブログを書いた人

ハワイアンツアーズ編集部